函館市桔梗町会

「きれいな町・住みよい町・助け合う町」

函館市桔梗町会 イメージ画像
桔梗町は函館市の北の端に位置し、その地名は古来、桔梗の花がたくさん群生したところからついたといわれる。

広報紙

    函館市桔梗町会広報紙『各部だより』11月(123号)を発行しました。今月号は函館市で全市的に行われるボランティア清掃「秋のクリーン作戦」、第八区秋のレクレーション行事「プルーン狩り」、前号より好評の「シワさんのシァワセな話」第3話~第4話を掲載しま
『10月20日 広報紙『各部だより』123号発行』の画像

  コロナ禍の影響はまだまだ計り知れず、いつ果てるとも予測のつかいない日々を過ごしております。  現在、函館では新型コロナウィルスの感染者は出ておらず平穏を保っておりますが、予断を許さない状況です。  収束の見通しもつかない中、当町会では各部の行事や恒例の
『9月15日・広報紙「町会だより」121号発行』の画像

  今号も、新型コロナウィルス感染予防のため町会各部の活動も中止及び延期されており従来通りの活動が行えない状況が続いています。そのため、広報紙の内容も限られてしまいました。
『桔梗町会広報紙『各部だより』9月号発行』の画像

  函館市桔梗町会広報紙『各部だより』8月号を発行しました。主な記事は、会館新管理人さんの紹介、頻発する町内での花の盗掘。  今期、比遅里神社例大祭の開催中止、10月から始まる5年に1度の国勢調査、函館市の最高峰・横津岳の横津神社で「新型コロナウィルス収束
『7月21日「各部だより」8月号発行』の画像

  6月16日発行の『町会だより』120号を先行掲載します。今回の広報紙も新型コロナウィルス感染に関連する内容に偏った感がありますが、何とか記事を埋めることができました。  が、町会の行事や活動が自粛されている状況の中、おのずと掲載記事も減ってしまっている
『6月16日『町会だより』120号発行』の画像

   新型コロナウィルス感染防止に伴い、4月以降桔梗町会館は臨時休館が継続されています。合わせて広報紙『各部だより』4月号発行が休刊をいたしました。現実に町会各部の行事や活動が休止状態となっている状況の中、連動するかたちで広報記事も激減したための措置です。
『5月19日 広報紙『各部だより』5・6月合併号』の画像

  3月24日(火)広報紙『町会だより』を発行。今号は載せる記事が極端に少ない結果となりました。  お察しの通り新型コロナウィルスによる影響が紙面にも反映して、町会における行事や各部の活動も中止あるいは自粛となったためです。  無い知恵をしぼったあげく寄せ集
『広報紙『町会だより』119号発行』の画像

  2月18日(火)桔梗町会広報紙3月号を発行しました。『各部だより』は年12回、各部のお知らせや情報などを中心にご案内する広報紙です(毎月第3火曜日発行)
『桔梗町会広報紙『各部だより』3月号発行』の画像

  12月17日(火)に発行する町会広報紙『町会だより』118号と『各部だより』令和2年1月号との合併号です。これから全世帯に配布しますが、ブログで先行掲載します。画像をクリックして拡大できます  
『広報紙『町会だより』118号発行』の画像

↑このページのトップヘ