流鏑馬(やぶさめ)は、疾走する馬の上から的に矢を射る競技で、鎌倉時代から伝わるものです。学校の歴史の授業で絵だけ見たことのあるものですが、それが函館の東山の「どさんこファーム」で見ることができます。

 第13回流鏑馬競技 6月30日(日)10時~午後3時くらいまで
スキャン_20190616


 馬は和種のどさんこで、競馬のサラブレッドなどより小柄ですが、約170メートルを10秒くらいで疾走し、
騎乗のまま、3つの的を射抜きます。遠く関東から、道内は日高浦河からも参戦し、去年は外国の方が優勝しました。女武者も参加し、また、3人が縦列で走りながらそれぞれが騎射する競技もあります。
スズランが丘PGの付近から山道に入りますが、場所が分かりにくいので、問い合わせてください。
函館どさんこファーム 東山町180-14  30-1035